人気のピザから新たに挑戦したいピザまで、世界中のピザの種類を一挙公開!

ピザというと、チーズとサラミがたっぷりトッピングされたトマトソースベースのアメリカンなピザを思い浮かべる人は少なくないでしょう。

アメリカのピザのほか、ピザ発祥の地であるイタリアのピザや、アジアの味を取り入れたピザにも人気があります。

本記事ではこれら地域に根付き、今では世界中で人気のピザと合わせて、バラエティーに取り入れたいサラダピザ、フルーツを使ったピザなど、多様性に富んだピザを紹介していきます。

イタリアのピザ

ピザはナポリ発祥の食べ物で、現代ピザのもとになったのは、18世紀ごろに食べられていたトマトソースのみを塗ったピザ・マリナーラ、19世紀に王妃マルゲリータにささげられたイタリア国旗をモチーフにしたピザ・マルゲリータだといわれています。

マルゲリータはトマトソースを塗った生地の上にモッツァレラチーズとバジルをトッピングしたピザで、シンプルなピザの代表格です。マリナーラとマルゲリータについては本サイトに詳しい記事「ピザマルゲリータ」「ピザマリナーラ」がありますので参考にしてください。

イタリアのピザではマルゲリータとマリナーラが最も有名で、トマトソースは必須というイメージがありますが、チーズを味わうクアトロフォルマッジ(Quattro Formaggi)も根強い人気のあるイタリアのピザのひとつです。

「クアトロ」は「4」を、フォルマッジは「チーズ」を表し、4つのチーズを細かくして混ぜるまたは、混ぜずにエリアを分けてトッピングして焼きあげます。

ナポリでは柔らかい厚みのある生地が、ローマでは薄くてクリスピーなピザが使われるなど、地域による生地の違いも見られます。

トッピングには、イタリア産のチーズや肉加工品と合わせて、イタリア野菜、オリーブ、オイルサーディンなども使われます。

アメリカのピザ

アメリカには、19世紀にイタリアからの移民がピザを持ち込みました。

当初はイタリア移民やその子孫を中心に食べられていたピザですが、第二次世界大戦後、帰還したアメリカ兵がイタリアの味を求めたのをきっかけに、アメリカ人の間でもピザが広まりました。

アメリカのピザの特徴は何といってもボリュームのある生地と、たっぷりトッピングされたチーズやサラミ、ハラペーニョでしょう。ペッパーソースをかけて食べるのもアメリカならではのピザの食べ方です。

アメリカのピザの中には地名のついたピザがあり、代表的なものとしてデトロイトピザシカゴピザニューヨークピザがあります。

デトロイトはかつて自動車産業で栄えた都市で、工場でするために作られた四角い型に生地をしき、トマトソースを塗り、肉加工品やチーズをトッピングして焼き上げます。

一方、シカゴピザはディープディッシュと呼ばれる深皿を使って焼く厚さが数センチにもなるピザです。ピザを切るとトマトソースやチーズが流れ出し、見栄えがすることから、日本でも注目され始めています。

ニューヨークでは一般的なアメリカのピザとは対照的に、薄めの生地にトマトソースとモッツァレラチーズをトッピングしたマルゲリータのようなピザが「ニューヨークピザ」として愛されています。

アメリカとピザの関係についても本サイトに詳しい記事がありますので参考にしてください。

アジアの具材をトッピングしたピザ

イタリアやアメリカのピザと合わせて、アジアの味の具材がトッピングされたピザにも人気があります。照り焼きチキンをトッピングしたピザは世界的にも有名です。

このほか、同じく甘辛の味付けで、唐辛子を効かせることもある韓国のプルコギも人気のトッピングのひとつです。

照り焼きマヨチキンピザなど、甘辛の味に合わせて、マヨネーズを組み合わせるのは日本的な感覚といえそうです。マヨネーズと野菜を合わせたポテマヨ(ポテトとマヨネーズ)、コーンマヨといったピザは宅配ピザの定番メニューです。

日本独特のメニューとしては、餅や明太子、海苔などをトッピングしたピザもあります。

その他バラエティーに取り入れたいピザ

ここまで伝統のイタリアピザ、イタリア移民がアメリカに持ち込んで独自の発展を遂げたアメリカのピザ、アジアの味をトッピングしたアジアのピザを紹介しましたが、試してみたいピザはまだまだあります。

まず、イタリアのピザ同様、軽めに食べられるピザとして、サラダピザを押さえておきたいところです。

サラダピザとは、ナポリのピザや、より軽い生地のローマのピザのようなイタリア系のシンプルなピザの上にふんだんに葉物を中心にしたサラダをトッピングしたピザです。サラダの内容は自由ですが、地中海沿岸原産のルッコラが入っていることが多いようです。

また、フルーツを生かしたピザもバラエティーに取り入れたいピザのひとつです。

フルーツをトッピングするというと、甘いデザートのようなピザを想像しますが、トッピングの組み合わせによっては、メインにしたり、お酒と合わせたりすることもできます。

パイナップルを使ったハワイアンピザはボリューム満点でメインになり、洋ナシとブルーチーズのピザはワインにも合う大人のピザです。フルーツを使ったピザについては本サイトに詳しい記事がありますので参考にしてください。

このほか、世界的なトレンドとして、グルテンフリーのピザ、ベジタリアンまたはビーガンのピザにも注目が集まっています。

まとめ

本記事では、世界で広く親しまれているイタリア、アメリカ、アジアのピザから、新しく取り入れたいピザまで、さまざまな種類のピザを紹介しました。最後に改めてこれらのピザをまとめておきましょう。

  • イタリアのピザ: マリナーラ、マルゲリータ、クアトロフォルマッジ、その他イタリア食材を生かしたピザ
  • アメリカのピザ: デトロイトピザ、シカゴピザ、ニューヨークピザ
  • アジアのピザ: 照り焼きチキンピザ、プルコギピザ、マヨネーズを使ったピザ
  • 新しく取り入れたいピザ: サラダピザ、フルーツを使ったピザ、グルテンフリーのピザ、ベジタリアンピザ、ビーガンピザ

ピザを食べるというと、どうしても大好きな味をもう一度と同じ味にこだわってしまうこともあるかもしれません。

一方で、世界にはたくさんのおいしいピザがあります。本記事をきっかけに、ぜひ新しい味に挑戦してみてください。