ピザデートのアイデアと注意点

  • by

ピザ好きのみなさんの中には、大好きな人と大好きなピザを一緒に食べたいという人も少なくないでしょう。本記事ではピザデートのアイデアを紹介します。

デートでピザを食べる理由

ピザとデートというと、おしゃれなイタリアンレストランでピザを食べて、ワインを飲んで・・・とイメージする人もいることでしょう。もちろんこのような典型的なピザデートもおいしく楽しいものですが、ピザはさまざまなデートのスタイルに対応できる柔軟な食事でもあります。

たとえば、家で映画を見ながらくつろいだ雰囲気で手軽においしくピザを楽しみたいときはデリバリーピザを一緒に選んで注文するとよいでしょう。また、料理が共通の趣味というふたりだったら、食材を選ぶところから始めて、オリジナルのピザを一緒に焼いてみるのも一つの手です。

ピザの生地やトッピング、組み合わせからは、好きな食べ物やそれにまつわる話に花がさき、相手の好みを知るよいきっかけになるでしょう。また、ピザは生地とトッピングの組み合わせでお互い好みを反映しやすく、それぞれにピザを注文したり、ハーフアンドハーフでピザを焼いたりすることで、がっつり食べたい人とさっぱり食べたい人、相手と異なる好き嫌いの調整も十分できます。

このようにピザは多様なデートスタイルや食の好みに対応でき、相手を知ることもできるデートにぴったりの食事なのです。

デートにオススメのピザ

具体的なピザのスタイルやトッピングの好みは十人十色ですが、いくつかの切り口でデートにオススメのピザを挙げることができます。

まず、ピザをメインに日常にない雰囲気をレストランで味わいたい場合は、石釜焼きのピザを提供するレストラン、できれば石釜で焼く様子も見られるレストランやテーブルを選んでみてはいかがでしょうか。ピザが石釜に滑り込み、高温で焼かれて出来立てで出てくる様子は圧巻で、高温短時間で焼き上げるピザの味が最高なのはもちろん、デート中の会話も盛り上がるはずです。そのほかにパフォーマンス性の高いものとしては、本サイトでも紹介したビスマルクピザ があります。レストランだとお店の人にサーブしてもらえるため、テーブルでピザを切った瞬間にチーズが流れ出る様子をふたりでゆっくり眺めることができます。ソーシャルメディアで映える写真や動画を撮ることもできるでしょう。

パフォーマンス性に飛んだ演出以外では、ピザ自体やトッピングに歴史やストーリーのあるピザを選んでみるのも一つの手です。本サイトでも紹介したマルゲリータの起源のようなピザ豆知識はピザ好き、食通同士のデートで会話の糸口になるかもしれません。

外食派?作る派?そのメリットとデメリット

レストランで食べるピザにも、デリバリーサービスに注文するピザにも、自分で作るピザにもそれぞれのよさがあります。デートでどのようにピザを楽しむかは、予算や興味、レストランの雰囲気でピザを味わうことに集中したいか、それとも作るプロセスを楽しみたいかによります。ここでは外食派、作る派それぞれのメリットとデメリットをみてみましょう。

<外食派>

プロの手で作られたピザがレストランの雰囲気で味わえるのが最大の魅力です。片付けをする必要もなく、リラックスした雰囲気でデートを楽しめることでしょう。石釜のような家庭にはない設備もレストランでピザを楽しむ醍醐味の一つです。一方で、手頃な値段でピザを提供するレストランもありますが、雰囲気を求めてさらに飲み物やサイドディッシュ、デザートまで注文するとひとりあたり結構な金額になってしまうことも少なくありません。好みのトッピングで注文したり、メニューにあるピザにトッピングを追加したりもできますが、100%自分好みのピザにはしにくいのも難しいところです。

<作る派>

自分でピザを作ると好きな食材を組み合わせてオリジナルのピザを焼けます。レストランで使うだけの金額をあてると、輸入品のチーズや肉加工品などかなり凝った食材を使えます。昨今広まってきているファーマーズマーケットに出かけて旬の食材を見ながらどのようなピザを焼くか決めるのも驚きがあって楽しいでしょう。買い出しからピザを焼いて食べるまでのすべてのプロセスを楽しめるピザ作りデートは料理好きな人にオススメのピザデートといえます。

一方で、マーケットに出かけるところから始めると一日がかりになることや、片付けの手間を考慮しておかなければなりません。また、プロの味に挑戦したいという場合は焼成温度の低い家庭用のオーブンをどう使いこなすかも課題になります。デートを計画している人は本サイトのピザ生地の作り方などを参考に準備万端でデートに臨みましょう。

デートでピザを食べるときに注意したいこと

ピザはデートにもってこいの食事ですが、デートでピザを存分に味わうために知っておきたいことがいくつかあります。人によっては、カジュアルなピザでもきれいに食べたい、好きな人と大きな口を開けてピザを楽しみたいといった好みがあることでしょう。多くのピザで使われるトマトソースは洋服につくとシミになってしまうことがあります。事前にピザを食べに行くこと、または一緒に作って食べることをデートの相手と共有しておくと、ぴったりの服装を事前に選べるので、心置きなくデートとピザを楽しめます。

また、ピザと一言でいってもピザをメインにしたいのか、ピザを楽しみつつもほかにもサイドディッシュを楽しみたいのか、ピザの食べ方は人それぞれです。「チーズや肉類がのったボリューム満点のピザを食べたい」「シンプルなマルゲリータのようなピザをすっきり味わいたい」といった好みもあるでしょう。

ピザというとカロリーが高いイメージを持つ人も少なくなく、相手がカロリーを気にしているようでしたら、カロリーを考慮したピザにしてもよいかもしれません。食べ方次第でピザは健康への影響を気にせず食べることができます。詳しくは本サイトのピザと健康の記事を参考にしてください。お互いの好みや健康面で気にしていることを尊重しつつ、ピザを楽しんでください。ピザデートは相手の新しい一面を発見できるよい機会になるはずです。