豚肉とピザの相性とは?オススメのレシピも紹介

  • by

豚肉がピザと相性が良いとしたら、驚く人もいるかもしれません。そこで豚肉がピザと相性が良い理由やおすすめのトッピングレシピを紹介します。まずは、豚肉の基礎知識から学んでおきましょう。

豚肉について学ぼう

豚肉には疲労回復が期待できる「ビタミンB1」が豊富

豚肉にはたんぱく質の他に、ビタミンやミネラルなどが多く含まれています。なかでも「ビタミンB1」が豊富な食材の一つです。ビタミンB1は、脳や体の疲労回復にも期待できると栄養素と言われており、たんぱく質を分解してエネルギーに変える役割があります。

エネルギー源の一つであるたんぱく質は、摂取するだけでエネルギー補給ができると思われがちです。しかし、ビタミンB1を一緒に摂取することで効率よくエネルギーに変換できます。

豚肉は加工してもおいしい

豚肉は、そのまま調理してもさまざまな料理が作れますが、ハムやウインナー、ベーコンなど、加工品にしてもおいしく食べることができる食材です。加工されている分、生肉よりも保存が効くため重宝します。

豚肉はメイン料理だけでなく、野菜炒めやスープの具材などにも活用できます。揚げ・炒め・焼き・煮る・ゆでるなど、幅広い調理法に適しており、使用しやすい食材と言えるでしょう。

豚肉と一緒に食べると良い食材

豚肉を摂取する際、一緒に食べると良い食材があります。美容への意識が高い人には、ヨーグルトやオリーブ油、ごま、ネギなどの食材と一緒に摂取すると良いでしょう。

ホウレン草やタコ、イカ、カニ、落花生、黒砂糖などと一緒に摂取すれば、疲労の改善に役立てられます。他にも、足腰の健康をサポートするために良い組み合わせとされる食材もあります。(1*)

豚肉はピザと相性が良い理由とは?

トマトソースと相性が良い

豚肉料理にトマト煮込みやポークソテーのトマトソースかけなどがあるように、豚肉はトマトソースとの相性が抜群に良い食材です。

トマトソースと言えば、ピザのトッピングソースとしても人気があり、ピザが誕生した頃からピザの味を整え、おいしさを引き出す役割を担ってきました。トマトソースと相性の良い豚肉がピザのトッピングに合うことは、言うまでもないでしょう。

リーズナブルで入手しやすい

豚肉はリーズナブルな価格で販売されているため、入手しやすい食材です。100gが100円以下で販売されることもあり、同じ肉類の牛肉や鶏肉よりも手軽に購入できます。業務用スーパーでまとめ買いをすれば、よりお買い得です。

肩ロースやバラ肉など、豚肉は部位別に種類が分かれており、味付けや調理法を変えることで、より美味しく味わえます。豚肉の部位の特徴を理解しておけば、自分好みのトッピングを作る際に役立てられます。

たとえば、肩ロースは、赤身肉にほど良く脂身が混ざっているため、生姜焼きや、揚げて甘酢だれにからめてもおいしくいただけます。バラ肉は、赤身と脂身がミルフィーユ上に重なっているため、炒め料理や煮込み料理にもおすすめです。

豚肉は高温で短時間の調理が適している

豚肉とピザの相性が良いと言えるのは、豚肉が高温で短時間の調理に適しているからです。煮込み料理のように低温でじっくり煮込んでもおいしく仕上げられますが、高温で短時間調理すれば肉質が硬くなりすぎるのを防げます。

ピザは高温で短時間加熱する調理のため、豚肉をおいしく味わうためにもぴったりの調理法と言えるのです。

豚肉を使ったおすすめトッピングのレシピを紹介

王道の「豚キムチ」

「豚キムチ」は、ピザにぴったりのトッピングです。多くのピザ店でもよく見られるトッピングで、ピリッとした辛さと豚肉のほんのりとした甘味が、絶妙なハーモニーを生み出します。

必要な材料は、豚肉、キムチ、タマネギのみです。油を熱したフライパンで豚肉、タマネギを炒め、豚肉の色が変わってきたらキムチをお好みで入れて味を整えましょう。キムチにしっかりと味付けされているため、調味料を加える必要はありません。お好みでチーズを乗せて焼けば、コクのあるまろやかな味を堪能できるでしょう。

保存食にもおすすめ「豚のリエット」

「豚のリエット」は、フランスの伝統的な料理で、保存食として用いられています。ピザのトッピングにもおすすめです。

必要な材料は、豚バラ肉ブロック(250g)、食塩(小さじ1/2杯)、ニンニク(1/2欠け)、タマネギ(1/10ケ)、ローリエ、タイム(小さじ1/2杯)、白ワイン(60cc)、ブラックペッパーを用意しましょう。

豚バラ肉は、5cm大の角切りにして食塩を振りかけて30分ほど置きます。豚肉から出た水分をキッチンペーパーで吸い取り、加熱したフライパンに乗せて焼き色が付くまで1面ずつ焼いていきます。余分な油はキッチンペーパーで拭き取りましょう。

ブラックペッパー以外の材料を深鍋に入れて、弱火で2時間ほど煮込みます。その後、火を止め、豚肉の脂身から出る旨みを引き出すために、余熱でさらに2時間ほど置きます。具材と煮汁に分けて、具材は手でほぐして包丁で細かく切っておきましょう。氷水で冷やしてゼリー状にした煮汁と合わせ、ブラックペッパーで味を整えれば出来上がりです。

保存する際は、冷やした煮汁から出た油を溶かし、空気を抜いて容器に詰めたリエットの上からふたをするようにかければ冷凍庫で1カ月程度保管できます。

豚肉でオリジナルピザを作るときの注意点

豚肉が生焼けにならないよう火をしっかり通す

豚肉をピザのトッピングにするときは、しっかり火を通すようにしましょう。生焼けの状態で食べると、腸管出血性大腸菌やサルモネラ菌などによる食中毒を起こしてしまう可能性があります。(2*)

ビタミンB1はゆで汁・煮汁に流出しやすい

豚肉に多く含まれるビタミンB1は水に溶けやすい性質があるため、煮汁やゆで汁に溶け出てしまいます。炒め物や煮込み料理を作る際は、煮汁をしっかり具材に染み込ませましょう。豚肉をゆでる場合は、ゆで汁をスープや煮込み料理に活用すると効率よく摂取できます。(3*)

豚肉の火加減と炒め方にも工夫を

多めの豚肉を調理する際は、2回に分けて炒めましょう。家庭用のコンロは火力が弱いため、炒める豚肉の量が多いとフライパンの温度が下がり、均一に火が通りにくくなってしまいます。また、油を加熱してから豚肉を炒めることで、焦げ付きを防ぐことができます。

まとめ

豚肉は、ピザのトッピングに相性が抜群の食材であることに、納得していただけたことでしょう。また豚肉は、醤油ベース、味噌ベース、塩ベースなど、さまざまな味付けのバリエーションのトッピングが可能です。

一から調理してトッピングを作らなくても、夕食で作った炒め物や煮込み料理をピザのトッピングに取り分けておけば、調理の手間を省けます。ピザの常識から外れたオリジナルのトッピングで、世界に一つだけのピザを作りましょう。

(1*)http://www.simoyama.co.jp/index.php?QBlog-20150214-1

(2*)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049964.html

(3*)http://www.jmi.or.jp/qanda/bunrui5/q_082.html