子供から大人まで大人気のピザ – バンビーノ。 バンビーノピザのルーツやレシピに迫る

  • by

バンビーノピザと言えば、子供に人気が高いピザメニューの1つとして知られています。

本記事では、バンビーノピザの「バンビーノ」の言葉の意味や、バンビーノピザの人気の秘密、おすすめレシピ、注意点などについて解説します。

ぜひ、参考にしてください。

バンビーノピザとは?

バンビーノピザとは、ツナやコーンが主役のピザのことです。

バンビーノピザの名前の由来や特徴について紹介します。

バンビーノピザの名前の由来とルーツ

バンビーノとは、どのような意味があるのでしょうか。バンビーノは、イタリア語の「男の子、少年」といった意味がある言葉です。

ちなみに、女の子や少女はイタリア語で「バンビーナ」と言います。

バンビーノが子供を指すことから、子供向けのピザとして名付けられたのが、バンビーノピザの始まりです。

一般的には、イタリアでピザが広まったのは19世紀後半で、その後に子供向けのピザとしてバンビーノピザが誕生したと考えられています。

バンビーノピザの特徴

バンビーノピザの特徴は、ホワイトソースがベースとなり、トッピングにはツナやコーン、ベーコンといった食材が使われています。

子供向けのピザのため、子供の小さな口にも入りやすい大きさであることも、バンビーノピザの特徴の1つです。

子供向けのピザとして知られるバンビーノピザですが、イタリアでは老若男女に親しまれています。

日本でも、多くのピザ店で提供されていることから、バンビーノピザの人気の高さが見てとれます。

バンビーノピザの人気の秘密

バンビーノピザがこれほどまでに人気があるのは、なぜでしょうか。人気の秘密に迫ってみましょう。

コーンの甘みとチーズの塩味が絶妙

バンビーノピザの人気の秘密は、コーンの甘みとチーズの塩味が絶妙にマッチしていることです。

甘みと塩味は真逆の特性をもちますが、相互作用によってお互いの引き立て役として、料理にしばしば用いられます。

たとえば、日本ではスイカに食塩を振る食べ方がありますが、食塩の塩味をプラスすることで、スイカの甘みを引き立てています。

バンビーノピザも同様に、チーズの塩味によって、コーンの甘みがさらに引き立てられ、ピザ好きな人の下をうならせているのです。

大人から子供まで楽しめる

バンビーノピザの人気の秘密として、大人から子供まで楽しめることも挙げられます。

トッピングは、主にツナやコーン、ベーコンなどの一般的な食材を使用しており、スーパーやコンビニエンスストアなどでも手軽に入手できます。

トッピングに使われる食材は下処理に手間がかからないため、子供と一緒にピザ作りを楽しむときにもおすすめです。

また、子供連れのファミリーを自宅に招いたときにも、バンビーノピザのレシピを知っていれば、子供向けのメニューを決める際にも悩む心配がありません。

トッピングは自由に決められる

バンビーノピザの一般的なトッピングは、ツナやコーン、ベーコンなどですが、基本的にはトッピングは自由に決められます。ベーコンの代わりにウインナーやハム、卵、エビ、などでもOKです。

ほかにも、マッシュルームなどのきのこ類やタマネギ、ジャガイモ、ブロッコリー、グリーンアスパラガス、トマトなどもトッピングに合います。

つまり、バンビーノピザは、ツナとコーンをおさえておけば、バリエーションが豊富なピザを作れるのです。

トッピングに使う食材にこだわれば、彩りや栄養のバランスも考えられるピザに変身させられます。

バンビーノピザのおすすめレシピ

https://12tomatoes.com/corn-tuna-salad/

用意する食材

バンビーノピザに必要な食材は、以下のとおりです。

  • ツナ缶
  • コーン缶
  • ベーコンスライス(一口大の短冊切り)
  • グリーンアスパラガス(一口大の斜め切り)
  • モッツァレラチーズ
  • ホワイトソース
  • ケチャップ
  • 粉チーズ
  • オリーブオイル
  • ピザ生地

作り方

バンビーノピザの作り方は、シンプルで簡単です。お子さんがいる家庭で作る際は、親子でトッピングも楽しめます。バンビーノピザを作る手順は、以下のステップを参考にしてください。

  1. ピザ生地にホワイトソースを塗り広げる
  2. ツナ・コーン・グリーンアスパラガス・ベーコン・モッツァレラチーズを均一になるようにのせる
  3. ケチャップを控えめにかけ、粉チーズを散らし、オリーブオイルをかけて焼き上げれば完成

バンビーノピザを作る際の注意点

バンビーノピザを調理する際、注意すべきことがあります。以下の2点に気をつけてピザ作りを楽しみましょう。

カロリーのとり過ぎに注意

バンビーノピザに使用できるトッピングは、自由に決められます。

そのため、トッピングの組み合わせによっては、カロリーのとり過ぎになる可能性があります。たとえば、ツナ缶には水煮タイプと油漬けタイプがあり、油漬けタイプのほうが高カロリーであることはお分かりいただけるでしょう。

また、ベーコンやチーズは、うまみを多く含む食材ですが、脂肪が高い食材のため、多くトッピングをすれば、カロリーのとり過ぎになります。

油漬けタイプのツナ缶しか手元にない、ベーコンくらいしかトッピングになるものがない、という場合は、オリーブオイルやチーズの量などを少なめにすると良いでしょう。

また、野菜をプラスしたり、ホワイトソースを絹ごし豆腐で手作りしたりと、工夫してカロリーをおさえることもおすすめです。

チーズはコーンの引き立て役に

チーズの塩味は、コーンの甘みを引き立てるのにベストな組み合わせだと紹介しました。

しかし、チーズの量が多くなれば、コーンの素材の甘みを打ち消してしまう可能性があります。バンビーノピザの主役は、ほかでもないコーンです。

コーンの甘みを引き立てるためにも、チーズの量は控えめにしましょう。

もしも、焼き上がった後にチーズの量が多すぎると感じたら、コーンを追加するのも1つの方法です。コーンを余分にストックしておくか、仕上げ用のコーンを用意しておくと良いでしょう。

まとめ

バンビーノピザは、イタリアでも日本でも、子供から大人まで楽しめるピザです。主役となるトッピングはコーンで、チーズやベーコンなどの塩味の強い食材との相性が抜群に良いと言えます。

ただし、トッピングの量や組み合わせによっては、カロリーのとり過ぎや、コーン本来の甘みを消してしまう可能性があるため、トッピングの選び方にも注意しましょう。上記のレシピや注意点を参考に、オリジナルのバンビーノピザを作ってみてください。