<ピザのちから流>家でくつろぎたい時・料理するのが面倒な時の対処法

  • by

毎晩、違う献立を考えて料理をするのも一苦労です。

とは言え外食やのみ歩きばかりすれば、食費や交際費がかさんでしまいます。

とくに、疲れているときは「家から出たくない」「ゆっくり家でくつろぎたい」と考える人も多いでしょう。

そこで、料理するのが面倒、ゆっくり家でくつろぎたいときの対処法や、ピザを食べながらゆっくり家でくつろぐ方法を紹介します。

ゆっくり家でくつろぎたい、料理するのが面倒と感じる原因

ゆっくり家でくつろぎたい、料理するのが面倒と感じる原因として、次の5つが挙げられます。

心や体が疲れている

家でゆっくり過ごしたいと感じ、料理をする気力が起きないのは、心や体が疲れているからかもしれません。職場やご近所などの人間関係で精神的な疲れがたまる、残業や接待、睡眠不足などが続いて肉体的な疲労が蓄積しているために、心や体が疲れてしまうことがあります。

献立を考えるときは頭を、食材の仕込みや調理などの立ち作業では体力を使います。

心や体が疲れているときは、頭も体もいつも通りには働きません。料理よりも心や体を休めることを優先するため、家でゆっくり過ごしたい、料理はしたくないと感じてしまうのです。

時間がない

仕事や家事、育児などで時間がないときにも、家でゆっくりしたい、料理するのが面倒と感じる場合があります。

料理をする際、冷蔵庫の食材を確認・献立・食材の買い出し・下ごしらえ・調理・盛り付けなど、さまざまな工程を踏まなければなりません。

しかし、仕事を終えて帰宅するのが20時過ぎ、家事や育児が一段落したのは0時前だったなど、毎日時間に追われている人は、料理する時間を確保すること自体が難しいのです。

食材がない

暑い日は冷たくてさっぱりしているものを、胃が持たれているときは消化が良さそうなものを、というように体調や気候によってその日に食べたいものが変わります。

しかし、作りたい料理に必要な食材が不足している場合、食材を買いに行かなければなりません。食材ひとつのためにメイクをしたり着替えたりするのが面倒で、料理したくないと感じてしまうのです。

メニューが浮かばない

メニューが浮かばないことが原因で、料理をするのが面倒という考えに結びつくことがあります。作る料理が決まっていれば、淡々と調理するだけで済みますが、メニューが浮かばないと料理を始めることもできません。

「昨日は和食・肉料理・炒め物だから、今日は……」とメニューを決める際に縛りが多い人ほど、その傾向が高くなります。

後片付けが面倒

料理をするのが面倒と感じる原因が、後片付けの場合もあります。家で料理を作る場合、包丁やまな板、ボウルや鍋などの調理機器、食器などの片付けが必要です。

食器洗浄乾燥機があれば、後片付けに手間はかかりませんが、すべての家庭にそろっている訳ではありません。料理を作った後の片付けを想像してしまうからこそ、料理するのも面倒だと感じてしまうのです。

ゆっくり家でくつろぎたい、料理をするのが面倒なときの対処法

料理をせずにゆっくり家でくつろぎたいときはどうすればいいのでしょうか。ここでは、料理をせずに自宅でゆっくりくつろぎたいときの対処法を紹介します。

料理の代行サービスを利用する

料理するのは面倒だけど、外食に行く気分にはなれないという人もいるのではないでしょうか。そんなときは、料理の代行サービスを利用するのもひとつの方法です。

料理代行サービスを利用すれば、当日の食事の調理や食材の買い出し、食材の下ごしらえ、作り置き、調理機器や食器などの洗浄なども代行してくれます。

1時間2~3千円前後とお金はかかりますが、「料理したくない・家でゆっくり過ごしたい」を同時にかなえられる選択肢のひとつとして検討してみても良いでしょう。

料理をテイクアウトする

家に帰ってすぐに食事をしたいのなら、ピザやお総菜などのテイクアウトがおすすめです。事前にネットや電話で時間を指定しておけば、帰宅時間に合わせて取りに行くことも可能です。

家から近いお店に注文することで、熱々のまま家に持ち帰ってすぐに食事を済ませられます。食器に移し替えずに食べれば、食器を洗う手間も省けます。

デリバリーを注文する

家から一歩も出たくないという人はデリバリーを注文するのもひとつの方法です。ネット注文すれば割引クーポンなどの使用も可能なため、デリバリーをお得に利用できます。

とくに、ピザのデリバリーであれば、30分ほど待つだけ。デリバリーの中には、置きピザサービスを提供するお店もあるため、女性はノーメイクでも気にせずピザを受け取れます。

ゆっくり家でくつろぎながらピザを楽しむ方法

テレビを見ながらピザを食べるのもいいですが、せっかくならもっと楽しめる方法を試してみませんか?ここでは、ゆっくり家でくつろぎながらピザを楽しむ方法を紹介します。

ピザ×映画は最強の組み合わせ

ゆっくり家でくつろぎながらピザを楽しむなら、映画がおすすめです。一時的な効果ですが、映画は現実世界を忘れさせてくれます。

感動して涙を流したり、おなかを抱えて笑ったりすることは時に心を元気づけてくれることがあります。心が疲れていると感じている人は、ぜひピザをお供にプチ現実逃避を楽しんでみてはいかがでしょうか。

食べたいピザを選び、次の楽しみにする

次におすすめの楽しみ方は、食べたいピザを選んで次に注文するときの楽しみにすることです。「すべてのメニューを食べてみたい」と思うピザ好きの人も多いでしょう。

季節ごとに新メニューが販売されるため、ピザメニューを見るだけでも楽しめるはずです。一度だけで食べ尽くせないからこそ、次の楽しみとして食べたいピザを選んでみてはいかがでしょうか。

ピザと相性のいいトッピングをプラスする

ピザ好きな人の場合、ほとんどのピザを食べ尽くしている人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのが、ピザと相性のいいトッピングを研究することです。研究といっても堅苦しいものである必要はありません。

「もしかしたらこの食材は、あのピザに合うかもしれない」と、独自のトッピングメニューを作ることで、オリジナルピザを作ることもできます。トッピングに選んだ食材によっては失敗もあるかもしれませんが、その経験も楽しい思い出のひとつになるでしょう。

まとめ

ゆっくり家でくつろぎたい、料理するのが面倒と感じたら、まずは心や体が楽になる方法を選びましょう。料理が面倒、何もしたくないと感じるのは誰にでもあることです。

テイクアウトやデリバリーなどのサービスをうまく活用し、たまにはゆっくり体を休めてみてはいかがでしょうか。また、ピザを食べながらゆっくり家でくつろぐ方法を参考に楽しい時間をお過ごしください。