食べ過ぎてもOK!ピザの食べ放題、もとを取るコツ、その他注意点

  • by

ピザ好きな人なら、おなかがいっぱいになるほどピザを食べたいという人もいるのではないでしょうか。

そんな夢をかなえられるのがピザの食べ放題です。お得な料金で好きなだけピザを食べることができます。

そこで今回はピザの食べ放題のメリットやデメリット、ピザの食べ放題ができるお店などについて紹介します。好きなだけピザを食べたい人に必見の内容です。

ピザの食べ放題とは?

ピザの食べ放題がはじめてという人に、ピザの食べ放題がどのような仕組みなのかについて説明します。ピザの食べ放題は、定額料金を払うだけで好きなだけピザが食べられるシステムのことを指します。

お得な料金でピザの食べ放題ができるのは、ピザの盛り付けや客席までピザを運ぶ手間がかかっていないためです。人件費の削減や効率的な作業工程を実施できるため、浮いた費用をお客に還元し、お客はお得な料金でピザの食べ放題ができるのです。

ピザの食べ放題のメリット

ピザを食べる選択肢として、お店でピザを食べる、テイクアウトする、自宅で手作りするなどの方法があり、私たちはいつでもどこでもピザを食べられる環境に身を置いています。

そのなかで、ピザの食べ放題に行くメリットはあるのでしょうか。ここでは、ピザの食べ放題のメリットについて紹介します。

さまざまな種類のピザを好きなだけ味わえる

ピザの食べ放題のメリットの一つは、さまざまな種類のピザが味わえることです。ピザの食べ放題ができるお店では、約10種類以上の焼き立てピザが用意されています。ピザは食べやすいように1切れずつにカットされているため、女性や子供などの小食の人でも多くの種類のピザが楽しめるでしょう。

ピザの食べ放題ではピザを食べる量に制限はありません。大好物のピザをひたすら食べ続けたり、今までに食べたことがないピザにチャレンジしたりするのも良いでしょう。

ピザの食べ放題は、ピザを何枚も食べても料金は変わりません。ピザを食べすぎたとしても料金が高くなる心配がいりません。

ピザの出来あがりまでの待ち時間が少ない

ピザの食べ放題のメリットは、ピザの出来あがりまでの待ち時間が少ないことです。一般的なピザ店では注文を受けてからピザを調理するため、お客はピザが焼き上がるまで待たなければなりません。

その点、ピザの食べ放題では常にピザが用意されているため、お客はピザが焼き上がるのを待たずにピザを味わうことができるのです。入店と同時にピザを食べたい人におすすめのお店と言えるでしょう。

ピザの食べ放題のデメリット

ピザの食べ放題にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。どのようなデメリットがあるのかを知った上で利用すれば、効率良くおいしいピザを味わうことができるでしょう。

制限時間があり、元をとるのは難しい

ピザの食べ放題のデメリットの一つは、制限時間があることです。ほとんどの食べ放題のお店では約60~90分の制限時間を設けています。そのため、好きなだけピザを食べられる時間には限りがあるのです。

また、ピザの生地は炭水化物を多く含む小麦粉で作られており、胃に入ると水分を含んで膨張しやすくなります。ピザを食べるほどおなかがいっぱいになりやすくなるため、ピザだけを食べて料金分の元をとるのは難しいと言われています。

ピザが冷めている場合も

ピザの食べ放題では焼き立てのピザが用意されていますが、ときにはピザが冷めている場合があります。ピザの食べ放題では大皿に盛り付けたピザがなくなったら、焼き立てのピザが追加されるシステムになっています。

そのため、人気がない種類のピザがあったり、お客の人数が少なかったりするとピザを焼く回転数が減少するため、大皿にはいつまでも冷めたピザが残ることになるのです。

焼き立てのピザを好きなだけ食べたいという人は、ピザを焼く回転数が多いお店を利用すると良いでしょう。

ピザの食べ放題ができるお店

ピザの食べ放題で好きなだけピザを食べたい場合はどこに行けばいいのでしょうか。ここでは、ピザの食べ放題ができるお店を紹介します。

ファミリーレストラン

お手頃な料金でピザの食べ放題を楽しむなら、イタリアン系のファミレスの食べ放題がおすすめです。定額料金でメニューにあるピザが好きなだけ食べられます。

ファミレスのピザの食べ放題では、メイン料理やミニサラダ、スープ、ドリンクバー、デザートなどがセットになっていることがほとんどです。

そのため、ピザ以外のメニューも楽しめます。ただし、メイン料理やサラダなどでおなかが満たされてしまうと、思うようにピザを食べられない可能性があるので注意が必要です。

ホテルやレストランのビュッフェ

恋人や夫婦、友人とおしゃれな雰囲気のなかでピザの食べ放題を楽しむなら、ホテルやレストランのビュッフェを選ぶと良いでしょう。ホテルやレストランのシェフが作った上品なピザや本格的な石窯ピザを味わうことができます。

平日のランチタイムは比較的にお得な料金に設定されているため、気軽にランチを楽しめるでしょう。ランチ代を安く抑えたい人やかしこまった席での食事が苦手な人はランチタイムがおすすめです。

イタリアンバル

ワインやビールなどのお酒と一緒にピザの食べ放題を楽しみたい人は、食べ放題セットがあるイタリアンバルがおすすめです。本格的なイタリアンピザやピザにぴったりのお酒が堪能できるでしょう。

ピザ以外にもパスタやローストビーフ、サラダ、自家製のスイーツなど、豊富なメニューが取りそろえられています。ノンアルコールのドリンクがあるお店を選べば、お酒が苦手な人でもピザの食べ放題が楽しめるでしょう。

ピザの食べ放題で元(もと)をとるコツ

ピザの食べ放題で元をとるコツは、ピザの原価に合った枚数を食べることです。ファミレスやホテル、レストランのビュッフェ、イタリアンバルなどではピザ1枚あたりにかかる原価は異なります。原価とは、ピザ1枚を作るのにかかる食材費のことです。

一般的な原価はメニュー料金の30%程度と言われていますが、お店やメニューによっては原価が50%程度を占めている場合もあります。

たとえば、ピザ本場のイタリア産の小麦粉やイベリコ豚の生ハムなど、高価格の食材を使用するピザは原価が高い傾向にあると言えるでしょう。一方で、大量生産して店舗で焼くだけのピザを提供しているのであれば、原価は安いと予想できます。

このように、ピザの食べ放題で元をとるには、ピザそのものの原価を考えながら枚数を食べる必要があるのです。

まとめ

ピザの食べ放題では時間制限があるものの、待ち時間がなく入店と同時にピザを味わうことができます。ファミレスやホテル、レストラン、イタリアンバルなどさまざまなお店でピザの食べ放題が楽しめるため、一緒に食事をする人やシチュエーション別にお店を選ぶと良いでしょう。

ぜひ、ピザの食べ放題でさまざまな種類のピザを楽しむ体験を堪能してみてはいかがでしょうか。