「気まぐれ」なピザ – カプリチョーザ。季節ごとやお店の特色が楽しめる人気メニューに迫る。

  • by

カプリチョーザピザをご存じでしょうか。

いかにもピザらしい名前ですが、意味を理解すると風変わりなピザであることがわかります。

本記事では、カプリチョーザピザの意味や特徴、人気の理由、レシピ、調理の際のポイントなどについて解説します。

ピザの知識を深める際の参考にしてください。

カプリチョーザピザとは?

カプリチョーザの意味

カプリチョーザは、イタリアンレストランの店名などにもよく聞かれる言葉です。

どのような意味があるのか、ご存じの人は少ないかもしれません。

カプリチョーザとは、イタリア語の「Capricciosa」で、「気まぐれな」という意味の言葉です。

また、スペイン語にも「Caprichosa」という言葉があり、イタリア語と同じ意味をもちます。

カプリチョーザピザは、「気まぐれなピザ」と直訳できます。

https://en.wikipedia.org/wiki/Pizza_capricciosa

ピザメニューには、マルガリータやクアトロ・フォルマッジ、バンビーノなどのように、ピザのそれぞれに意味や定番のトッピングがあるのが一般的です。

一方、カプリチョーザピザは、「気まぐれな」という意味の名前が付けられており、どのようなピザなのか謎に包まれています。

カプリチョーザピザの特徴

カプリチョーザピザは、「気まぐれなピザ」という名前のとおり、固定のトッピングなどの決まりはありません。

ピザの本場のイタリアのピザ店では、多くの店にカプリチョーザピザのメニューがあります。

驚くのは、同じピザ店でも注文する時期によってトッピングの種類が変わっていることです。

カプリチョーザピザのトッピングは、ピザ店や時期ごとで異なりますが、ハムやマッシュルーム、アーティチョーク、ブラックオリーブなどを使用しているのが一般的です。

まさに、ピザ店のオーナーの気まぐれ次第でトッピングが変わるピザなのです。

カプリチョーザピザの人気の理由

カプリチョーザピザは明確なトッピングの種類が決まっていないものの、イタリアでは定番のピザメニューとして愛されています。

日本では、カプリチョーザピザの名前は知らなくても、トッピングが変わるピザを口にした人も多いでしょう。

カプリチョーザピザの人気の理由について、探ってみましょう。

自由な発想で作られたピザが楽しめる

カプリチョーザピザの人気の秘密は、ピザ職人の自由な発想で作られたピザを楽しめることです。

いつも変わらない味のピザを堪能するのも良いですが、ピザ好きな人なら、誰も食べたことがないピザを味わいたいという願望をもっている人もいらっしゃることでしょう。

https://uncutrecipes.com/EN-Recipes-Italian/Pizza-Capricciosa.html

その点、カプリチョーザピザはトッピングの種類が限定されていないため、ピザ職人の腕の見せ場でもあります。

そのため、ピザ好きな人がこれまで食べたことがないピザを楽しめる可能性が高まります。

旬の食材と一緒にピザを味わえる

同じ食材でも収穫する季節によってはおいしさが変わることがあります。

日本食は、食材を一番おいしく味わえる旬の時期にメニューに加えられるのが一般的です。実は、カプリチョーザピザも同じように、旬の食材をおいしく味わうことができるピザです。

ピザ店によっては、旬の食材を使ったカプリチョーザピザを味わえる可能性があります。

ピザ店によっては試作ピザを味わえる

手作りピザが自慢のピザ店などでは、試作で作られたピザへの反応を見るために、「カプリチョーザピザ」や「シェフの気まぐれピザ」といったメニューを設けるケースも少なくありません。

運が良ければ、本メニューとなる前のピザを誰よりも早く堪能できる可能性があります。

https://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g187291-d12283954-i252166943-Pizzeria_Rosticceria_Palma-Stuttgart_Baden_Wurttemberg.html

ピザ店のピザメニューをすべて把握していなければ、試作ピザかどうかを見極めるのは難しいですが、カプリチョーザピザの注文後に感想やアンケートを求められることがあれば、試作ピザの可能性もあるでしょう。

カプリチョーザピザのレシピを紹介

カプリチョーザピザのトッピングに決まりはありませんが、オーソドックスなトッピングを使用したレシピを紹介します。

用意する食材

カプリチョーザピザに使用する食材は、以下のとおりです。

  • サラミ(薄切り)
  • アーティチョーク(酢漬け・一口大)
  • マッシュルーム(薄切り)
  • ブラックオリーブ(種抜き・輪切り)
  • モッツァレラチーズ
  • パルミジャーノチーズ
  • トマトソース
  • オリーブオイル
  • ピザ生地

カプリチョーザピザの作り方

https://www.cozymeal.com/online-cooking-class/13610/pizza-making

カプリチョーザピザの作り方を紹介します。以下の3つのステップを参考に作ってみてください。パルミジャーノチーズが手元にない場合は、お好みのチーズをトッピングにのせます。

  1. ピザ生地にオリーブオイルとトマトソースを塗り広げ、モッツァレラチーズを一口大サイズにちぎりながら、ピザ生地の上にのせる
  2. マッシュルーム、アーティチョーク、ブラックオリーブ、サラミの順にトッピングする
  3. すりおろしたパルミジャーノチーズを散らして、予熱済みのオーブンで焼けば完成

カプリチョーザピザを作る際のポイント

カプリチョーザピザを調理する際のポイントを2つ紹介します。

ベースになるのはトマトソース

カプリチョーザピザのトッピングは、自由に変えられますが、ベースとなるのはトマトソースです。

上記で紹介したレシピは市販のトマトソースを使用していますが、トマトソースの代用品として、トマトケチャップやピザソースでも構いません。

また、ホールトマト缶で手作りのトマトソースを作るのもおすすめです。トマトソースの酸味が苦手な人は、砂糖やハチミツなどで酸味を和らげると良いでしょう。

塩分や脂肪のバランスに気をつける

トッピングを自由に選べる反面、塩分や脂肪のとり過ぎには注意しましょう。たとえば、紹介したレシピでは、サラミと酢漬けのアーティチョークを使用していますが、アーティチョークにはオイル漬けのものもあります。

オイル漬けを使用した場合、脂肪分が高いサラミを同時に使うことでピザのカロリーが高くなってしまいます。

また、塩分が高いチーズを使用する、たくさんの量をトッピングした場合、塩分のとり過ぎになるため、塩分が高いトッピングを減らすなどの工夫をしてください。

まとめ

カプリチョーザピザは、イタリア語で「気まぐれなピザ」という意味があります。

その名のとおり、ピザ店ごとにトッピングの種類が異なったり、同じピザ店でも季節によって旬の食材をふんだんに使ったりするなど、さまざまな味わいを楽しめるピザです。

カプリチョーザピザを作る際、上記で紹介したレシピやポイントが役に立ちます。作り方はとてもシンプルなため、自由な発想でオリジナルのカプリチョーザピザを作ってみてはいかがでしょうか。